じゃばら切りにして作る!トルネードポテト

皆様お花見には行きましたか?
屋台でトルネードポテト、売ってますよね。じゃが芋がグルグルとらせん状に串にささっている、アレです。子供達が嬉しそうに食べているのを今年のお花見でも見かけました。
きっとお店では専用の機械を使って切っているのでしょうが、包丁でじゃばら切りにしても同じ様なものが作れますので自宅でも作れるトルネードポテトの作り方を紹介します!
失敗しないじゃばら切りの方法も詳しく解説します!

スポンサーリンク

【材料】

・じゃが芋 1個
・竹串
・塩
・カレー粉(お好みで)
・油 適量

【レシピ】


じゃが芋をまな板に固定させる為に、側面を少し平らに切ります。(両面同じように切ります。)

↓↓
手書きで恐縮ですが、こちらをご覧ください。

じゃが芋に切り込みを入れる際、この様に包丁の根元を3cmほど浮かして、包丁の先だけをまな板に当てる様にします。

まず片面、写真の赤線の様に垂直に切り込みを入れます。先程説明した様に、根元を少し浮かせて切り込みを入れてください。薄く切るとポテトチップみたいにカリカリになります。厚めにするとホクホク感が出ますのでお好みで。
片面切り込みが終わりますとこんな感じです。


手前側が上になるように裏表ひっくり返します。

↓↓

ひっくり返したら、今度は写真の赤線の様に45度くらい角度をつけて斜めに切り込みを入れます。先ほどと同じ様に、根元を少し浮かせて切り込みを入れます。


この様にびよーんと伸びる状態になったら大成功です!少し水にさらしてでんぷんを洗いましょう。

↓↓

縮めた状態で竹串に刺します。ちょっと力がいるのでまな板に押し付けながらギュギュっと刺します。


竹串に刺さったら伸ばして形を作ります。

↓↓

油で4、5分揚げます。

↓↓

出来上がり!!
岩塩とカレー粉を混ぜたカレー塩を添えました。
小さく切ったバターを隙間に挟んでもいいですね♪

【まとめ】

①包丁の根元を3cmほど浮かせて、切り込みを入れる。
②片面は垂直に切り込みを入れる。
③手前側が上になるようにひっくり返す。
④45度くらいの角度をつけて斜めに切り込みを入れる。

きゅうりのじゃばら切りもこの方法できれいに出来ますよ(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする