ゴボウと青しその肉巻き

肉巻きは少なめのお肉の量でもボリュームが出るので嬉しいですね。

同じ材料を同じ調味料で炒めるより、美味しさも食べた時の満足度もアップすると
私は思います。もちろん見た目も良くなります。

料理のひと手間って大事なんだなぁって思います。

今まで色々な肉巻きを作りましたが、その中でも特に美味しかったレシピを紹介します。

青しその風味でさっぱりと食べられますよ。ゴボウの食感で食べごたえも大満足です!!

スポンサーリンク

【材料】

※2~3人分(13~15個できます)

・豚バラスライス肉 約300g
・ゴボウ 2本
・ニンジン 1/2本
・青しそ 13~15枚
・酢 適量(ゴボウのアク抜き用)
・油 適量
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ1
・醤油 大さじ1

【レシピ】

ゴボウは皮を包丁の背でこそぎ取り、7cmくらいの長さに切ります。
豚バラ肉を巻いた時に両端が少しはみ出るくらいの長さをイメージして切ってください。
太い部分は縦に4等分、中くらいの太さの部分は2等分するなどして、太さをできるだけ揃えます。

酢を加えた水にさらしてアクを抜きます。20~30分くらいで良いかと思います。

↓↓

ニンジンは皮をむいて、ゴボウと長さを揃えて棒状に切ります。
ニンジンの大きさによりますが1/2本くらい使います。

↓↓

ゴボウは15分下茹でします。ザルにあけて冷ましておきましょう。

↓↓

豚バラ肉は半分の長さに切ります。

↓↓

豚バラ肉に青しそを敷いて、ゴボウ、ニンジンを乗せます。
ゴボウ4~5本、ニンジン1~2本くらいの割合で巻きます。
豚バラの枚数を数えて、ゴボウとニンジンをあらかじめ分けておくと
無駄なく使い切る事ができますね。

↓↓

くるくるっと巻いて、巻き終わりを下にして置いておきましょう。

↓↓

全部巻きました!この分量で13個出来ましたよ。
豚バラ肉は細い部分や短いものなどばらつきがあるので、
2切れ重ねて使うなどして工夫しましょう。
この状態で冷凍保存もできますので、食べきれない分は冷凍しておくと良いですね。

↓↓


フライパンに油を熱して、肉巻きの巻き終わりを下にして焼きます。
肉から油が出るので、油は少なめでOKです。

↓↓

焼き目がついたら裏返しましょう。

↓↓

両面に焼き目が付いたら調味料を加え、蓋をして中火で10分蒸し焼きにします。

↓↓

出来上がりです!肉巻きを盛り付けた上に煮汁をかけましょう。

冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも使えます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする