生湯葉とホワイトソースのとろとろグラタン


お刺身用の生湯葉です。
そのままわさび醤油で食べるととっても美味しいですね。

今回はこの生湯葉でグラタンを作りたいと思います。

グラタンといえば普通玉ねぎを使う事が多いと思うのですが、
玉ねぎは使わずに生湯葉と味の相性の良さそうな長芋を使います。
鶏肉はアクセントで小間肉を少しだけ使います。

失敗しないホワイトソースの作り方も紹介します!

スポンサーリンク

【材料】2人分

・生湯葉 150~200g
・長芋 7~8cmくらい
・鶏小間 100g
・バター 20g
・小麦粉 20g
・牛乳 300ml
・塩 適量
・コショウ 適量
・コンソメ 小さじ1
・オリーブオイル 適量
・ピザ用チーズ 30g
・パルメザンチーズ(粉チーズ) 適量

【レシピ】


ホワイトソースを作ります!

鍋にバターと小麦粉を入れてから、弱火にかけます。
鍋を温めてから入れるのではなくて、バターと小麦粉を入れてから弱火にかけます。

バターと小麦粉は同量(1:1)です。
それぞれ20gづつで、2人分で丁度良い量になります。

私は普段、分量とか測らずに適当にやってしまうタイプなのですが
これだけはきっちりスケールを使って分量を量っていますよ。

バターが溶けてくるので、小麦粉を合わせる様に混ぜます。
焦げない様に、常に混ぜましょう。

↓↓


バターと小麦粉が一体化して、少し沸々としてきたら牛乳を少しづつ加えます。
冷蔵庫から出したばかりの冷たい牛乳で大丈夫です!
最初の方は特に少しづつ加えるようにしてください。

牛乳を少し加える→混ぜる→一体化する
これを繰り返します。どんどん大きくなって上の写真の様にパンの生地みたいになってきます。

↓↓


だんだんとろみがついてきます。とろみがついてきたら、牛乳を加える量を増やしていって大丈夫です。
牛乳を分量全部加えたら、丁度良いとろみになっていると思います。
火を止めて、塩、コショウ、コンソメで調味します。

↓↓

余熱で焦げてしまうのを防ぐため、すぐに別容器に移しましょう。
すぐに使わない場合は表面に溶かしバターを塗っておくと表面の乾燥を防ぐ事ができます。
余分に作った場合はジップロック等で冷凍保存もできます。

↓↓

長芋は皮を剥いて短冊切りにします。
このままわさび醤油で食べても美味しいですね。(あれ、さっきも同じ事言ったような……)

↓↓


フライパンにオリーブオイルを熱して、鶏小間肉を炒めます。
火が通ってきたら長芋を加えてさらに炒めます。
塩、コショウで調味します。

↓↓


さっき別容器に移しておいたホワイトソースの中に炒めた材料をドボンと入れます。
炒めたフライパンにホワイトソースを入れて混ぜると鍋の焦げが混ざってしまうので、別容器で混ぜる事をおすすめします。

↓↓

耐熱皿にパターを薄く塗り、ホワイトソースと混ぜた材料を入れます。

↓↓

上の写真と何が違うの??って思いましたか?
白いものに白いものを乗せているのでよく分かりませんが、生湯葉を上に乗せています。

↓↓

そしてチーズ、粉チーズをかけてオーブン又はトースターで焼きます。
20分くらいですね。様子を見ながら、焦げ目が付くくらいまで焼いて下さい。

↓↓
出来上がり!!

見た目はなんか地味ですが美味しいですこれ。
湯葉とホワイトソースがとても良く合いますし、トロトロの食感がたまりません。
しめじとか少し入れてもいいかも!
湯葉好きな方には特におすすめしたいです!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする