15年間ほぼ毎日飲んでいた私が休肝日に挑戦してみた

若い頃からお酒を飲む事が好きでした。
お酒を覚えたての20代前半の頃は、色々なお酒の種類や味を知る事が新鮮で楽しく、どんどんハマっていきました。
親しい友人と飲むのはもちろん楽しいですし、家で1人で飲んでいても楽しい!!
気が付けば毎日お酒を飲んで、酔って寝るというのが習慣になっていました。

スポンサーリンク

どれくらいお酒を飲んでいる?

お酒って適量なら毎日飲んでもいいんだよって聞きますよね。
お手元のスマホで「お酒 適量」と検索してみましょう。

ビール 500ml
日本酒 1合(180ml)
焼酎 0.6合(110ml)
ウイスキー ダブル1杯(60ml)

調べるとこんな感じで出てきますね。
私は家では主に芋焼酎を飲んでいて、1晩で4合瓶の半分~調子がいいと1本飲みます。
日本酒はたまにしか飲みませんが、飲む時は3~4合は飲んでしまいます。
ウイスキーもダブル1杯じゃ足りないですよね・・・。おかわり注いじゃいますよね!!

お酒好きな方なら分かってもらえると思いますが、

適量、少なすぎるよぉぉぉ!!!(泣)

悲しいですよね。自分が良く飲む焼酎で言うと、0.6合なんて飲まない方がマシなレベルです。2合飲んで丁度良いほろ酔い。調子に乗っている時は3~4合飲みます。
適量が2合だったなら・・・「飲みすぎに気を付けよう」と思えるのですが。0.6合て・・・。
0.6合測って飲んで、「今日はこれでおしまい」となるのはあまりにも悲しいです。
だったら、「今日は1滴も飲まない日」と決めて週に2~3日ほど休肝日を作る方が楽だ、と私は思いました。

休肝日に挑戦!!そのきっかけは?

15年間ほぼ毎日酒を飲み、なぜ休肝日を作ろうと思ったのか。
あまり自分の歳は言いたくないのですが、もう30代中盤です。「アラサー」とは言えないけど、まだ「アラフォー」とは言いたくない。そんなお年頃です。

毎年職場で受けてる健康診断にちょっと引っかかっちゃったんですよね。去年までは何の問題もなく「毎日飲んでるのに健康だわぁ~」とイキがっていたのですが・・・(思い返すとウザいですね。)
他にも「節約したい」とか「痩せたらラッキー」とか思う事は色々あるのですが、健康に自信があったのに、ついに健康診断に引っかかったという事が大きなきっかけとなりました。

おススメ!お酒の代わりに飲む物

いつも晩御飯の時から寝る直前までお酒を飲んでいましたが、やはり代わりの飲み物が無いと口さみしいし落ち着かないですよね。ノンアルコールのビールやカクテルなんかも良いですが、自分の場合1缶飲んだら「もうコレいらないや」となって、そのあとお酒が飲みたくなってしまいました。
コーヒーだと夜寝れなくなりそうだし、お茶や紅茶だと「お酒を我慢してこれを飲んでる」という気持ちを強く感じてしまいます。
色々試してみた結果、炭酸水が一番しっくりきました。甘味のない炭酸水です。

無味無臭の炭酸水にレモンを絞る。
これ、なかなかいいですよ。お酒を飲んでる様な気分になれます。もちろん酔いませんが!
のど越し爽やかで、普段ビールを飲む方にもおススメです。
いつもと同じ様に何かをつまみながら飲みます。飽きない味なのでずっと飲んでいられます。もちろんお酒よりだいぶ安いですしカロリーもゼロです。レモンを絞ればビタミンも取れて良いこと尽くめです!!レモンやグレープフルーツの風味が付いた炭酸水もあります。これもお手軽で美味しかったですよ。

「飲まないと寝られない」は思い込みでした

10年以上毎日「眠くなるまで飲んで寝る」という生活をしていたので、「飲まずに寝る」という事ができるのか?飲まないと寝られないのではないか?という不安がありました。休肝日と決めてお酒を我慢してもすんなり寝られる自信が無かったので、まず休みの前日を休肝日にしようと決めました。普通、休みの前日だけ飲もうという考えに至りそうなものですが、飲んで寝る事が習慣になっている自分の場合、寝られなかったら次の日の仕事に支障が出ると考えました。また、シラフで布団に入って「明日仕事だから寝なきゃ・・・!」と思うと余計に寝られなくなりそうです。明日休みなら、最悪寝られなくても大丈夫です。
色々考えて休肝日1日目に挑戦した結果・・・

いつも寝る時間に普通に寝られました(笑)

ただ、夜中~朝方に何回か目が覚めました。家族によるちょっとした物音で目が覚めてしまう様です。いつもは物音で起きる事なんか無く朝まで熟睡していたのですが、やはり体が繊細になっている様です。静かに落ち着いて寝られる環境を整える事も大事だなぁと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする