鯛のかぶら蒸し&かぶの葉とじゃこの卵炒め

鯛にすりおろした蕪(かぶ)を乗せて蒸し、銀あんをかける料理です。蕪は泡立てた卵の白身を混ぜるのでふわふわの食感になり、和風の銀あんでさっぱりと食べられます。とろろ昆布を少しだけ使って、旨味を引き立てました。鯛やサワラなどの白身魚にとても良く合います。見た目も綺麗に仕上がる上品な味の和食です。

スポンサーリンク

【材料】

2人分
・鯛の切り身 2切れ
・蕪 1個
・とろろ昆布 適量
・卵(卵白) 1個
・塩 適量
・酒 適量
・みょうが 1/4個
・浅葱 適量
(銀あん)
・だし汁 100ml
・酒 50ml
・生姜汁 小さじ1
・塩 1つまみ
・白醤油 小さじ1弱(約5g)
・みりん 小さじ1/2(2~3g)
・片栗粉 小さじ2

【レシピ】


鯛は皮にウロコが残っている場合があるので、手で触って確認します。残っていたら取り除きます。
塩を振って酒をまぶして10分ほど置きます。

↓↓

蕪は皮を剥き、すりおろして軽く水気を切ります。

↓↓


卵白を泡立てます。黄身は後で蕪の葉を炒めるのに使うので取っておきます。
泡立ったらすりおろした蕪とざっくり混ぜ合わせます。

↓↓

鯛はキッチンペーパーで拭き取り、深みのあるお皿に乗せます。とろろ昆布を薄く全体に乗せます。
鯛を小さめに切って、茶わん蒸しの器で作っても良いですね。
蒸し器で強火で5分蒸します。

↓↓

5分蒸したら蓋を開けて、すりおろした蕪と卵の白身を混ぜたものを上に乗せます。
再度蓋をして10分蒸します。

↓↓

銀あんの調味料(だし汁、酒、塩、白醤油、みりん、生姜汁)を火にかけます。
沸騰したら弱火にして水溶き片栗粉でとろみをつけ、すぐに火を止めます。

↓↓

蒸し上がった鯛の蕪蒸しに銀あんをかけます。刻んだみょうが、浅葱をかけて出来上がりです。ふわふわに仕上がりました!

蕪の葉とじゃこの卵炒め

①余った卵黄1個に卵をもう1個足して溶きます。
②蕪の葉は洗って刻みます。

③ごま油で蕪の葉、じゃこ、卵を炒めて塩、コショウ、醤油、おろしニンニクで味付けします。

簡単に作れて美味しく、余った蕪の葉と卵黄が無駄にならないのでおススメですよ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする