節約するなら鶏ムネ肉を美味しく食べよう!!

節約しなきゃなぁ・・・
という時、食費を節約する事は大切です。

毎日そうめんでOK

ダメだよ、栄養ちゃんと取らなきゃ><

食べる量を減らしすぎたり、安くても毎日同じものばかり食べていると
体にも心にも良くないですし、長続きしません。
無理をすると体調を壊しやすくなってしまいます(>_<)
肉や魚、大豆製品などのたんぱく質と、野菜は毎日食べたいですね。

野菜は「その時に安いもの」だけを買おう

野菜は、時期や店によって値段が違うので、スーパーでじっくり観察しながら
「その時に安いもの」を買うと良いです。いつも値段を観察していれば、
「お、今日はこれ安いな」と気付いてお得な買い物ができますね。

自分が料理を覚えたての若い頃にそうだったのですが、
「この料理には、この材料を使う」というのが決まっていて、応用ができなかったんです。
たとえば肉じゃがを作るなら
「じゃが芋、豚肉、糸こんにゃく、椎茸、玉ねぎ、にんじん、インゲン」
というのが決まっていて、値段はほとんど見ずに無心で買い物していました。
インゲンや椎茸なんかは時期によってけっこう高かったりします。
インゲンが高かったら他の似たような安い野菜で代用する、椎茸も他のきのこで代用できます。
安い代用品がなかったら入れなくても良いのです。

本やネットで見たレシピ通りに料理を作っていると、他の安い野菜で代用できるのに
わざわざ高い野菜を買ってしまう・・なんて事もありがちなので気を付けたいですね。

国産でも安くてしかもヘルシー!鶏ムネ肉を活用しよう

やっぱりお肉って高いんですよね。
正しく言うと、美味しい肉って高い。特に牛肉!ヘタに安い肉を買うと、めっちゃ固かったり、脂身が多すぎて気持ち悪かったり、失敗する事が多いです。美味しい牛肉を食べようと思ったら国産でお値段も高いものになってしまいます。たまにの贅沢で食べるのは良いのですが、日常的に買うのは厳しいですし、ましてや「節約しよう」と思っている時には手が出せません。

豚肉、鶏肉は牛肉に比べれば安いです。しかしこれもピンキリなのでイベリコ豚だとかどっかの地鶏だとか追及すれば高くてより美味しいものもあります。

ここで鶏ムネ肉です。鶏ムネ肉は鶏肉の部位の中でも更に安いです。
この「ピンキリ価格」のお肉世界の中で、鶏ムネ肉はスーパーで並んでいる中で1番良いもの(国産で、見た目も綺麗で新鮮そうなもの)でも、1枚300gくらいの大きなものが200円くらいで買えます。
しかも1枚あればボリュームも満点。低脂質高たんぱくでヘルシー!

食費を節約して、栄養も取れて、美味しく食べられる

こんな大文字にしてピンク色にするくらい推します!笑

鶏ムネ肉を美味しく食べる方法を紹介します

鶏ムネ肉は、きちんと調理しないと美味しく食べられません。
たとえば、そのまま切って炒め物なんかにしたら全然美味しくないです。栄養は取れますけど。

どうせなら、美味しく食べたいですよね。ムネ肉を美味しくないと感じる原因は「パサパサ感」です。このパサパサ感をなくして「しっとり、ジューシー」にする事が、ちょっとの工夫でできます。

鶏ムネ肉のおろしポン酢焼きレシピはこちら

鶏ムネ肉の南蛮 らっきょうタルタルソース⇒レシピはこちら

玉ねぎの旨みが凝縮されたソースで頂く♪茹で鶏の玉ねぎソースレシピはこちら

やわらか茹で鶏の焦がしネギソース⇒レシピはこちら

ヘルシー!おからハンバーグ おろしポン酢添えレシピはこちら